最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Scheme

Schluessel Ver. 0.4.3をリリースしました

Schluessel Version 0.4.3をリリースしました。

以下のサイトでダウンロードできます。
http://morilib.net

東京ビッグサイトにて開催されますコミックマーケット83にも出展します。
場所は2012/12/31(月) 東Y-22aです。
皆様のご来場をお待ち申し上げます。

Twitter始めました

Twitter始めました。

Schluessel-Scheme@SchluesselLangという名前で登録しています。
よろしくお願いします。

オープンソースカンファレンス2012 Kyotoの資料をアップロードしました

オープンソースカンファレンス2012 Kyotoの資料をアップロードしました。
次のサイトからダウンロードできます。
http://schluessel.sourceforge.jp/index.html.ja

Schluesselのドキュメントを英訳しました

Schluesselのドキュメントを英訳しました。

ドキュメントのURLは以下の通りです。
http://schluessel.sourceforge.jp/schluessel.en/schluessel.en.html

オープンソースカンファレンス2012 Kyotoに参加しました

8/4(土)に京都リサーチパークにて開催されました
オープンソースカンファレンス2012 Kyotoに参加しました。

お忙しい中morilib.netブースにご来場いただきまして
誠にありがとうございます。
多くの方々と有意義が話ができました。
発表資料は後ほど配布する予定です。

また、ニコニコ動画に発表内容の動画をアップロードしました。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm18533076

次回は9/8(土)に東京・明星大学で開催されます
オープンソースカンファレンス2012 Tokyo/Fallに参加予定です。

また皆様のお越しをお待ち申し上げます。

オープンソースカンファレンス2012 Kyotoに参加します

8/3(金)〜8/4(土)に京都リサーチパーク(KRP)にて開催されます
オープンソースカンファレンス2012 Kyotoに参加します。

最新バージョンの展示をする予定です。
なお、morilib.netの展示は8/4(土)のみとなります。

オープンソースカンファレンスの詳細については、
http://www.ospn.jp/osc2012-kyoto/
を参照願います。

皆様のご来場をお待ち申し上げます。

Schluessel Ver. 0.4.2をリリースしました

Schluessel Ver. 0.4.2をリリースしました。
以下の機能を追加しました。

  • Swingのリスト・進捗バー・ツリー・タイマをサポートしました。
  • Bairstow法による1変数多項式方程式の解法をサポートしました。
  • カーソルの形状変更をサポートしました。
  • コマンドラインオプションを整理しました。

以下のサイトでダウンロードできます。
http://schluessel.sourceforge.jp/download.html

Swingのリスト・ツリー・プログレスバー・Swingタイマをサポートしました

Swingのリスト・ツリー・プログレスバー・Swingタイマをサポートしました。

例: リストの生成
(define lst (make-jlist '(haruka kaiji azusa)))

例: ツリーの生成
(define tr
  (make-jtree
    '(limited-express
       (chuo-line kaiji azusa)
       (tokaido-line odoriko super-view-odoriko)
       (hanwa-line haruka))))

例: プログレスバーの生成
(define bar (make-progress-bar 'horizontal 100 0))

例: Swingタイマ
(define tim
  (make-swing-timer
    1000  ; 起動間隔(ミリ秒)
    (lambda (e)
      (progress-monitor-progress-set! mon cnt)
      (set! cnt (+ cnt 10)))))

コマンドラインオプション・起動プロパティを整理しました

コマンドラインオプション・起動プロパティを整理しました。
使用可能なコマンドラインは以下の通りです。

  • --r5rs
    R5RSのライブラリのみロードします。
  • --locale locale
    メッセージのロケールを"ja"や"en.GB"のように設定します。
  • --import [package ...]
    必要なパッケージのみインポートします。(例: gui, net, math)
    allを指定するとすべてのパッケージがインポートされます。
  • --report-load-time
    起動にかかった時間を出力します。
  • --version, -version
    バージョン情報を出力します。
  • -e, --eval script
    与えられたスクリプトを実行して、オプション解析終了後に終了します。
  • -E, --exec script-line
    与えられたスクリプト行を実行して、結果を出力します。
    オプション解析終了後に終了します。
  • --fold-case
    大文字・小文字を区別しません。
  • --no-fold-case
    大文字・小文字を区別します(デフォルト)。
  • -
    ファイル名に"-"を指定すると、標準入力からスクリプトを読み込みそのまま終了します。

起動に影響するスクリプトは以下の通りです。

  • schluessel.locale=locale
    メッセージのロケールを指定します。
  • schluessel.r5rs=boolean
    trueのときR5RSのみを使用します。
  • schluessel.import=package,package...
    インポートするパッケージを指定します
  • schluessel.foldcase=boolean
    trueのとき大文字・小文字を区別します

カーソルの形状変更をサポートしました

カーソルの形状変更をサポートしました。

例:
(cursor-set! GUI-component [image-name])
image-nameはシンボルまたは文字列で与えます。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー