最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« カーソルの形状変更をサポートしました | トップページ | Swingのリスト・ツリー・プログレスバー・Swingタイマをサポートしました »

コマンドラインオプション・起動プロパティを整理しました

コマンドラインオプション・起動プロパティを整理しました。
使用可能なコマンドラインは以下の通りです。

  • --r5rs
    R5RSのライブラリのみロードします。
  • --locale locale
    メッセージのロケールを"ja"や"en.GB"のように設定します。
  • --import [package ...]
    必要なパッケージのみインポートします。(例: gui, net, math)
    allを指定するとすべてのパッケージがインポートされます。
  • --report-load-time
    起動にかかった時間を出力します。
  • --version, -version
    バージョン情報を出力します。
  • -e, --eval script
    与えられたスクリプトを実行して、オプション解析終了後に終了します。
  • -E, --exec script-line
    与えられたスクリプト行を実行して、結果を出力します。
    オプション解析終了後に終了します。
  • --fold-case
    大文字・小文字を区別しません。
  • --no-fold-case
    大文字・小文字を区別します(デフォルト)。
  • -
    ファイル名に"-"を指定すると、標準入力からスクリプトを読み込みそのまま終了します。

起動に影響するスクリプトは以下の通りです。

  • schluessel.locale=locale
    メッセージのロケールを指定します。
  • schluessel.r5rs=boolean
    trueのときR5RSのみを使用します。
  • schluessel.import=package,package...
    インポートするパッケージを指定します
  • schluessel.foldcase=boolean
    trueのとき大文字・小文字を区別します

« カーソルの形状変更をサポートしました | トップページ | Swingのリスト・ツリー・プログレスバー・Swingタイマをサポートしました »

Scheme」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544127/55289686

この記事へのトラックバック一覧です: コマンドラインオプション・起動プロパティを整理しました:

« カーソルの形状変更をサポートしました | トップページ | Swingのリスト・ツリー・プログレスバー・Swingタイマをサポートしました »